未分類

中世の金銀硬貨

中世になるとさすがに描かれているデザインがだいぶ変ってきます。ギリシャ神話に登場する神々や動物たちよりも多大な影響力を持った権力者の肖像や紋章などが刻まれたものも豊富に発行されるようになります。素材は金が多く稀少価値が高い事も評価の対象にはなるのですが、むしろ素材で評価が上がっています。代表的なものでは皇帝ナポレオンが彫られた100フラン金貨やイギリスのビクトリア女王時代に発行された5ポンド金貨があります。

この頃になると製造技術がかなり上がってきていますから、現代のようなすっきりしたラインの縁取りをしています。ビクトリア朝5ポンド金貨の方は表に若い女性の横顔が、裏面にはライオンを従えた女王の象徴のようなデザインが彫られていて、“ウナとライオン”と呼ばれています。格調高い芸術作品のようなこれらには2000万円から5000万円といった価値がついています。

ナポレオン皇帝の金貨は21世紀現在で世界に20枚程度、ウナとライオンは18世紀中旬で400枚程度しか発見されていない事を考えても相当な希少価値ですし、今後さらに価値が上がっていくはずです。実際に世界中のコレクターたちが血眼になって探している事はいうまでもありません。

古代の金銀硬貨

アンティークコインは世界初のコインが製造された古代ギリシャ時代に始まって中世までの間に発行されたものが含まれていますから、当然日本の貨幣も含まれるのですが、国内で人気が高いのはイギリスや欧州のコインです。現代日本で発行されている10円ないし5円金貨や100円あるいは50円などの銀貨とは、比較にならないほど細やかでリアルな彫刻がなされていることがわかります。

現代のような製造技術がないですから形はかなりいびつですし、いかにも手作り感があって素朴な美しさを感じさせます。アンティークコインの価値は素材というより希少価値が高いことにあります。当然ながら生活用品として実際に人の手から人の手に頻繁に移動していたものであり、当時の政府によって適切に製造・発行が管理されていたわけですから、今の時代に再発行されるはずはありません。したがって今後減ることはあっても増えることはない世界遺産なのです。

たとえば世界最古と言われるリデア金貨は現在世界で10枚しか残されていません。取引される金額はほとんど天文学的数字になります。格闘するライオンと牛が彫られていて当時のリデア文化の一端を表す、考古学的にも大変希少価値が高い一品です。アレキサンダー大王の横顔が彫られたコインや女神を描いたコインも人気です。

アンティークコインの種類

今回はアンティークコインの種類についてのお話です。“アンティークコイン”と言われても聞き慣れない人にはなんの事かわからないはずです。コインは直訳すれば貨幣ですからいわゆる大昔のお金のことを指しているわけです。日本では一時“徳川幕府埋蔵金”が衝撃的に報道された事でもわかるように、金銀の貨幣を含めて骨董品を一部の日本人は一生を掛けても惜しくない大切な宝として重宝してきたのです。

現代日本では10円金貨と100円銀貨および500円銀貨がありますが、これらも数千年後の未来で腰を抜かすほどの価値がつき、アンティークコインのファンという人たちに売り買いされるようになるのかどうかはわかりませんが、世界中でコイン投資が盛んにおこなわれている現実があります。希少価値が高く保存状態が良い金貨は時代が古ければ古いほど価値が鰻登りに上がっていきます。他の投資のように口座開設が一切不要ですし契約書作成や収入証明などの手続きも不要ですから、同じ投資であっても誰でもできるほど簡易的で気楽に取り組める商品である事は間違いありません。

その実コインを作成した人はまさか自分たちが製造したコインに天文学的な価値がつくとは、予想だにしていなかった事でしょう。アンティークコインは全世界で通じる資産であり、投資の際のリスクが最も少ない安心資産だと評価する声も多いのです。特に富裕層の間では古代金貨一枚を高額な物だと数百万円から数億円という単位で売り買いがされています。もちろん綺麗で珍しいからとケースに入れて見て楽しむ人もいますが、種類も豊富ですから自分にない物を見つけると即日交渉に入る人も多いのです。